FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢のやうな毎日

 珍しく独り言。

 書くことで精神を安定させようといふ目論見だ。

 社内の人事も含めて公私共に、堪えられないほどのつらいことや煩はしいことが信じられないぐらゐ続く。

 ストレスで吐き気が止まらないのもしんどい。

 どん底に突き落とされてると、一氣に体調が崩れ、持病が急降下するやうに悪化して苦しくなる。さういふ時、最近は「体だけはこれ以上壊さないやうに」と祈りながら、脆弱な精神の恢復をひたすら待つことが習ひ性になつてゐる。

 私は人生の方針といふわけではないのだが、過ぎ去つた辛い体験や堪えがたい過去の境遇について話題にすることはあつても、現在の苦痛や苦境については口外しないことにしてきた。

 それは以前にも同様のことを記したことがあるが、身内や親しい人に心配をさせないためである。

 また、もう一つ、20年以上言ひ続けてゐることだが、「説明しなければならない相手には、説明しても無駄だ」「わかる人には言はなくてもわかる」「言はなければならない相手には、言つても無駄だ」といふ信念があるからだ。

 「どうしてさうなつたのか」「その表面には見えない裏側の真実」をいちいち説明するなどいふ場面を想像すると、それが徒労としか思へなくなつてしまふ。

 それといふのも、さいいふ相手に説明なり反論なりをしたところで、言葉が通じてゐないので、私には理解不能な反論がくるだけだからだ。
 柔軟に人の話を理解できる者なら、初めから理解してゐるものだ。

 私は「言葉の通じない者」からの攻撃には弱く、その攻撃からの被害は確実に心の中に沈殿し蓄積されていき、精神を着実に蝕んでいくことを痛感してゐるので、結局、無駄な議論は避けて、沈黙を通すことになる。

 さういふ信念が私の空気を作つてゐるのだらうか。よく親しい人たちからでさへ「ある距離から中には人を近づけないオーラがある」といふやうなことを言はれたりもする。

 しかし、その距離は傷つけられたくないからの距離で、自分自身の姿を距離をおいて眺めてみると、じつに寂しい人間だと觀ぜざるをえない。

 それだけ人一倍おびえながら、臆病に生きてゐる割りには、いきなり切りつけられることが少なくない。人徳の無さといふことに盡きるのだらう。

 とりわけ「言はなくてもわかる」と信用しきつてゐる数少ない相手に掌を返された時の衝撃からは一生立ち直ることができない。

 さういふことが起こると、私の信念は間違つてゐるのだらうか、やはり最低限の努力はして、自分の身を守るための説明は早めにしておくべきなのか、と信念にひびが入る。

 また質(たち)が悪いのは、「自分は正しい」といふ妄想に呪縛されたまま、周囲の人間関係を傷つけ、崩壊させていく輩(やから)で、これがまた意外に珍しくないので、閉口する。

 人間関係といへば、私は他人に予断や偏見を持たせないやうに、どんな人のことでも、悪く言つたり、貶めたりすることは極力避けることにしてゐる。(周囲が口を揃へて非難する場合でも、「ちよつと違ふ見方がある」ことを示唆して、結果的には弁護することも少なくない。)


 絶対値で信用できる人、絶対的な理解者などいふものは存在しないのだらうか。存在すると思ひたい。

 残り僅かな生涯をこれからどのやうに終へるべきか、そんなことを思ひ煩つてゐる場合ではないのかもしれない。

 それにしても、最近またよく心臓が止まる。課長も「同じ」だといふ。
スポンサーサイト

雲を見ながら妄想

 今年は天氣にも祟られず、予定通りに日程を消化できた。

th_CIMG4594.jpg

雲を見てゐると、この雲の水分はどこから来たのだらう、ここに来る前はイタリアの家庭の鍋の中のお湯だつたとか、イギリスのストーンヘンジ周辺の草地から立ちのぼつてくる水分だつたとか、ノートルダムの大聖堂の屋根に落ちた雨滴がまた空に戻つてきたとかといふことはないだらうか、などと考へる。

th_CIMG4600.jpg

 さらに想像は飛躍して、この雲の分子が、かつてはシーザーの体の細胞の一部だつたとか . . . などなどと妄想は留まるところを知らず、飛躍を重ねる。

th_CIMG4601.jpg

続きを読む

会議の後は宴会

 ちやうど一年ぶりの薄野。

 th_CIMG4553.jpg

 こんな名古屋のやうな観覧車がいつ出來たのだらう。

th_DSC_1087.jpg

 宴会が終はると、担当者から「お氣をつけてお帰りください」と言はれたので、そのままさつさと引き上げて地下鉄に乗り、ホテルに帰つた。

 しかし、じつは担当者も「そのまま解散」と思つてゐたら、急に二次会の話が出て、しかも集まつた皆さんが私と話がしたいとおつしやつたので、私の携帯に電話をかけたのだが、私はさうとは知らずに、一心不乱に歩いてゐたから、電話にはまつたく氣づかなかつた。残念なことをした。

 さて、札幌駅を出てすぐのコンビニに寄つてみた。

th_DSC_1089.jpg

 初めて「山わさび」のおにぎりに遭遇。

th_DSC_1090.jpg

 昨年、どさんこプラザで瓶詰めの山わさびを初めて買つて、その香りに魅了されたが、山わさびは北海道の名産品なのだらうか。これまで、札幌で山わさびの商品を見た記憶がないのだが。

冬の札幌へ(2)南陽堂書店

 札幌出張の大きな楽しみは、北海道大学周辺の古本屋。

 特に「南陽堂書店」と「弘南堂」といふ兄弟店。ただ、今回は寒いのでホテルのそばにある南陽堂書店だけのぞいて見た。

th_DSC_1083.jpg

 建て直されてすつかり別の店になつてしまつてからは、確かに本は探しやすくなつたが、本との心理的な距離が大きくなり、落ち着かない。

 探してゐる本はなかつたが、せつかく来たのだから思ひでに二冊だけ買ふ。

 DSC_1143.jpg

 かういふシールが私は好きだ。

DSC_1144.jpg

DSC_1145.jpg

冬の札幌へ(1)

 出張で札幌へ。

 足もとが凍つてゐて危ない。
 特に、ホテルなどの前はロードヒーティングで雪も氷もないので、油断しがちだ。

th_DSC_1057.jpg

 部屋に入つて、荷物を整理し、少しでも書類の作成ができるやうに机の上に仕事道具を並べる。

th_DSC_1058.jpg

th_DSC_1059.jpg

 外には少し雪が見える。

th_DSC_1060.jpg

 やはり、それなりに寒い。

プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。