FC2ブログ
   
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

オロナインの新製品

 オロナインの殺菌力はあなどれないらしい。

 子供の頃から常備薬だつた。

 十数年前になるが、「飛行機の中で大怪我をした人がゐて、同乗してゐた医者が応急手当をした時に、オロナイン軟膏を使つてゐたのでびつくりしたけど、オロナインの殺菌力は強力ださうだ」といふ話を聞いた。

 それ以来、特にオロナインを意識するやうになり、自宅や職場の机の抽斗には常備し、チューブ入りは鞄の中に入れて携行してゐる。

 今では何かの拍子に鞄に入れ忘れることがあると、滅多に使はないにも関はらず落ち着かない気分になるほどだ。

 ただ、チューブがアルミ製なのだらうか、潰れてしまつたり、捻れてしまつたりと、扱ひにくいのが難点だつた。

 ラミネートの新チューブ入りが発売されたと聞き、早速、買つて来た。10%の増量だといふ。

th_DSC_1084.jpg

th_DSC_1085.jpg
スポンサーサイト



ヨーグルト作り

 私はもうそんなに長く生きるつもりもなく、死に方についても、たとへば「病気になつた場合」など幾つかのケースを想定して、親しい人たちに迷惑をかけないやうに、それぞれのケースに合はせた死に方をある程度は決めてゐる。

 ただ、死ぬまでは健康でゐなくてはと思ふので、それなりに氣をつけてはゐる。

 20代半ばから「キヨーレオピン」と「恵命我神散」に助けられて今日に至つてゐるが、それに加へて、この一年半ぐらゐはほぼ毎日ヨーグルトを食べてゐる。

 プロバイオティクスのヨーグルトが中心だといふことは以前、書いたことがあるが、まつたく同じものだと飽きてくるので、時々、メーカーや商品を変へてゐる。

 最近は何を見てもすぐに「自分で作れないか」と考へる発想がすつかり身についてしまつて、ヨーグルトも(毎回買つてくるのが面倒臭いとふのもあるが)何とかならないものかと思つてゐたら、非常に扱ひやすい道具が売つてゐることがわかり、しばらく迷つてから、遂に買つてしまつた。

th_DSC_1113.jpg

 納豆や味噌も作れるといふが、それは興味がない。

 初めはいつも食べてゐるプロバイオティクスのヨーグルトを「種」にして作つてゐた。

 今はカスピ海ヨーグルトがメインである。

 市販のカスピ海ヨーグルトはかなり高価だが、自分で「種菌」を買つて来て作ると、1リットルで170円程度といふことになる。要するに牛乳代だけだ。

 ただ、市販のカスピ海ヨーグルトを使つてもダメらしい。

th_DSC_1117.jpg

 この「種菌」は2袋で700円少々と高いが、私は最初の1袋の種菌を培養し続けて、もう1カ月以上は経過した。

 カスピ海ヨーグルトは、研究によると主に2種類の菌の働きが目覚ましいらしく、他の種類のヨーグルトよりも健康への効果が期待できさうだ。

 食べやすいのも良いが、なんといつても作りやすい。
 もちろん、私はヨーグルトメーカーで作つてゐるが、培養の温度が27℃だから、ふつうに牛乳と混ぜて放つておけばできる。

サーモスではコーヒーがまづい

 サーモスの真空耐熱タンブラーを初めて買つたのは数年前で、それ以来ビールは必ずそのタンブラーで飲んでゐる。

 コーヒーを飲むために買つた蓋付きのマグは、確かに冷めなくて良いのだが、如何せん香りが鼻に届かなくて、コーヒーの旨味を引き出すことができない。

DSC_0612.jpg

DSC_0613.jpg

 コーヒーも紅茶も、伝統的なカップの形状でなければ、香りが広がらず、従つて旨さも半減どころか、ほとんど消されてしまふ。

 食べ物も飲み物も、目でも味はふので器は大事だが、香りを活かすためにも器の形には拘らなければならない。

 最近、このマグはだんだんと出番が少なくなつてきた。

酒燗器

 昔から「燗をつけて不味い酒は飲むな」と言ふが、純米酒は燗をつけないと旨味が出なくて飲めない。

 ただ、冬場はとくにさうだが、熱燗はすぐに冷えてしまふので難儀する。

 電気酒燗器はありがたい。間違ひなく酒がすすむ。

th_DSC_0415.jpg

th_DSC_0416.jpg

 温度設定がしやすい。これなら少し(5%程度)の水を加へる「割り水燗」もしやすい。

th_DSC_0417.jpg

th_DSC_0418.jpg

 冷や酒と違つて、飲み過ぎる心配は、まあ無い。

Burberryの財布

 もう十年以上愛用してきたBurberryの財布の傷みが激しくなつてきたので、3年前にミラショーンの長財布を自分で買つておいたのだが、やはり長年持ち歩いてゐる財布を取り替へることには抵抗があり、なかなか踏み切れずにゐた。

 昨年あたりからの新製品だらうか、氣になるBurberryの財布があり、ネットで安く買へないかと調べたこともあるのだが、これまた買ふところまでの踏ん切りがつかずにゐた。

 今日はその氣になつてゐたBurberryの財布を誕生祝ひにプレゼントされ、恐縮した。

th_DSC_0302.jpg

th_DSC_0303.jpg

th_DSC_0304.jpg

th_DSC_0305.jpg

 カードが18枚も収納できるのがありがたい。早速、使はせてもらつてゐる。

プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR