FC2ブログ
   
12
   

私の秘密兵器

 今年も一年間、要所要所で私の身体を支へ続けてくれた秘密兵器二點。

レオピンと我神散

 胃薬の「恵命我神散」は大学院の学生だつた時に、大学の近くにあつた薬局に何氣なく入つて、「検査をしても異状がないのに、もう何カ月も胃の調子が悪くて、薬も効かない」と言つたところ、「それでは、少し高いけれども騙されたと思つて飲んでみてください。絶対に効きますから」と勧められたのが、最初の出会ひだ。

 それまでは見たことも、名前を聞いたこともない薬だつたが、一日飲んだだけで効き目を実感した。それから何カ月かはきちんと飲み続け、すつかり良くなつてからは、調子が悪いときだけしか頼らなくなつた。

 高校生の頃から、胃の調子が悪く、夜中の2時頃から苦しくて眠れなくなることもあつたのに、今はまつたくそんなこともなく、以前のやうに胃が痛くなることも胃がもたれることもほとんどなくなつた。これはすべて恵命我神散のお陰だと思つてゐる。

 薬の効き目といふのは、人によつて違ふだらうと思ふので、あまり自分から進んでこの薬の話をすることはないのだが、例へば最近の話であると、同僚の一人が「病院で何度検査しても異状はないと言はれるんですが、もう何カ月も胃の調子が悪く、どんな薬を飲んでも効かないんですよ」と困つてゐる様子だつたりすると、その時には勧めることがある。

 この同僚の場合には、飲みかけの最後の一袋しかもつてゐなかつたので、「良かつたら、これを飲んでみて。効くやうだつたら、インターネットで調べると少し安く売つてゐる店もあると思ふから、買つてください」と渡した。

 しばらくして、「あれは効きました。初めて薬が効きましたよ」と嬉しさうに言ひ、「早速、買ひました」とのこと。

 「キヨーレオピン」はニンニクの抽出液が主成分のやうだが、液体で、それをカプセルに入れて飲むのである。

 これは当時無名だつた(今では知らない人はたぶんゐないほど有名になつた)藝能人とある知人の関係で知り合ひ、新宿の飲み屋でたまに酒を呑むことがあつたのだが、急に仕事が増えてきて忙しくなつたさうで、「今の健康を維持してゐるのは、このキヨーレオピンのお陰だ」と聞き、私もそのころは二十歳の頃から何度も繰り返した「自然気胸」の後遺症で、変に息切れがしたりして苦しんでゐたので、試しに飲んでみることにしたのだ。

 これはすぐに効き目があるといふものではないが、4年間、毎日必ず飲んでゐた時期があり、その間は一度も風邪をひくことがなかつた。

 不定期に飲んでゐた時期も長いが、最近は何があつても休めない境遇なので、毎日必ず飲んでゐる。

 断続的ではあるが、長い服用歴から言へることは、飲み始めて2週間ぐらゐで、疲労感に変化が出てきて、ひどい疲労感が消えてゆくと思ふ。また、風邪をひくことがほとんどなくなる。

 いくら効き目があつても、薬にだけ頼つてはいけないが、絶大な力を発揮して支へてくれる特効薬をもつてゐるのは心強い。
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR