FC2ブログ
   
05
   

荒川洋治『世間入門』(五柳書院)その2

 ボードレールの詩の翻訳について正直な感想を述べながら、ボードレール自身の価値にも疑念を抱(いだ)く。

///////////////////////////////
 詩人・安藤元雄訳で、ボードレール『悪の華』(集英社文庫)が出た。新訳だそうだが、旧訳を知っているわけではないので、何とも申しのべようがない。「青春必読の一冊」とあるが、いまの青年がボードレールを読んで、何かのたしになるのだろうか。(中略)読んでみると味気ない。大仰な表現、具体性を欠いた言葉、きまりきったイメージ……心にくいいるものがない。少なくとも上等なものとはいいがたい。——などといったら、しかられるかばかにされるだろう。だが、正直いって、全編を読んで、いい詩といえるものはほとんどなかった。(中略)どんな由緒やいきさつがあろうと、いまの日本語におきかえて、つまらないものはつまらない。古いものでも、いいと、いまも感じるものはいっぱいある。(90-91)
///////////////////////////////

 日本語の翻訳の良し悪しが問題ではなく、もつと根本的な部分での認識のまづさが元凶だと疑はれる。

///////////////////////////////
ボードレールのこの翻訳よりも訳者である詩人・安藤元雄の詩(『現代詩文庫・安藤元雄詩集』、思潮社)の方が、はるかにおもしろい。深い内容をもっている。訳していて、安藤氏本人が気づかないはずはないのだ。安藤元雄の詩を、文庫にすることの方が、文化だと思う——なんてことをいったら訳者の安藤さんに大目玉をくらうことになるだろうか。安藤氏の積年の努力にもかかわらず、やはり率直にいって、日本語で読むボードレールはつまらない。おそらく、原語で読んでも、そんなものだと思う。だから訳者の問題ではない。それに詩というものと、青春を結びつける発想がもはや古いのだと思う。日本人の、詩に対する考え方は、かなりおくれている。そういうことが、はっきりする。(中略)(はっきりものをいうのは、読者くらいになってしまったこの社会)。(91-92)
///////////////////////////////

 私もいまどきボードレールなど読んでどうするの、と思つてゐた。

スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR