FC2ブログ
   
08
   

小泉喜美子『弁護側の証人』(集英社文庫)

 最後の「意外な結末」は、噂には聞いてゐたが、実際に読んでみての感想となると、「まあ、かういふのもありかなあ」と言つたところか。

 悪くはないのだが、私には中町信の推理小説の緻密さの方が肌にあつてゐるといふか、トリックそのものよりも、傍流の話の筋や展開にも細やかな計算が生きてゐる物語の構成を高く評価したいので、物足りなさを感じてしまふ。

 さう長い小説ではないが、私には実際以上に短く感じられてしまふのは、物足りなさを覚えるからだらう。短編小説を読んだやうな読後の感覚である。
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR