FC2ブログ
   
09
   

課長補佐が網膜剥離

 課長補佐が目の検査で、偶然「網膜剥離」を発見されて、レーザーの手術を受けたといふ。

 本人は「(レーザー手術の値段が)高かつた」などと暢気なことを言つてゐたが、私は網膜剥離のベテラン(?)として、その怖さを知つてゐるだけに、「え? よく見つけられたね。眼科は藪医者が多いから網膜剥離がかなり進行してゐても、氣づかれないことも珍しくないんだよ。要するに目の中で像の映るスクリーンが剥がれてくるんだから、走つたり、縄跳びなんてしたら、あつと言ふ間に失明するんだから」と言ふと、補佐は「ええ、病院でも同じことを言はれました」

 最初の症状は「飛蚊症」だつたとのこと。飛蚊症はよくある症状で、それが重大な病氣につながることは滅多にないのだが、少しでも目に異常を感じたら、「信頼できる眼科医」(これがほとんど存在しないことが大問題なのだが)にすぐに診てもはなければ、数日、場合によつては数時間で手遅れになる目の疾病の場合もあるので要注意である。

 この課長補佐は初期の段階で剥離が発見されて、レーザーで処置できたから、入院の必要もなく暢気なことを言つてゐられるのである。運の良い人だ。他の部署から引き抜いて大正解だつた。
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR