FC2ブログ
   
06
   

鍋底の焦げに挑戦

 鍋底は炭化した焦げがしつかりと定着してゐて、さう簡単には剥がれさうにない。

 そもそも、ここまで焦げたら、鍋に傷をつけずに復活させることなどできるのだらうか。分子レベルで一体化してしまつたといふことはないのだらうか。何しろ高圧がかかつた上での焦げなのだから、通常の焦げとは違ふだらう . . .

 百均で買つた「重曹」をふと思ひ出して、パッケージの説明を見た。

th_DSC_0166.jpg

th_DSC_0167.jpg

th_DSC_0168.jpg

 ともかく鍋底に深さ1センチ程度の水を張り、重曹を加へてしばらく沸騰させておいた。

th_DSC_0169.jpg

th_DSC_0170.jpg

少しナイロンたわしでこすると、かなりの部分が剥がれてきた。

th_DSC_0177.jpg

 3回ほど重曹で煮立てて、たわしでこすつてから、「新兵器」を投入。

th_DSC_0186.jpg

th_DSC_0190.jpg

th_DSC_0195.jpg

みごとに復活。重曹は偉大だ。
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR