FC2ブログ
   
12
   

小長谷正明『医学探偵の歴史事件簿』(岩波新書)(1)

 偶然、古本屋で見つけた本。

 このところ何故かナチス関係の本や映畫と縁が深い。

 「T4作戦」は初耳。

/////////////////////
一九三九年九月一日の第二次世界大戦の開戦直後、ドイツ国内の重症心身障害児を持つ家族に「お子さんは、もっと進んだ治療を受けているうちに突然死しました」という内容の手紙が届いた。死因は肺炎だったり、インフルエンザ、低血圧、脊髄炎などさまさまであった。一〇年前に虫垂炎の手術をしたにもかかわらず、虫垂炎で亡くなったというのもあった。次いで「公益患者輸送有限会社」から骨壺と患者輸送費用の請求書が届いた。
 開戦当日、ヒトラーは「厳正な医学的な判断で不治と判定された患者への安楽死」をしかるべき医師に認めることを指令していたのだ。(31-32)

 さらにナチス政権は、「生きるに値しない命」として、精神障害、難治性テンカン、認知症老人、パーキンソン病、脳腫瘍、末期結核患者などの安楽死を実行した。もっともらしい名称の「帝国精神病院事業団体」本部の前記の住所〔ティアガルテン・シュトラーセ(動物園通り)四番地〕から、このプロジェクトはT4作戦と呼ばれた。(32)
/////////////////////

 ヒトラーの所業を「極悪非道」といふ言葉で一刀両断するのは易いが、パーキンソン病など疑はれる病氣がヒトラーに與へた影響を考へる必要がありさうな氣もする。

/////////////////////
北杜夫の一九六〇年の芥川賞受賞作『夜と霧の隅で』は、T4作戦(小説の中では「夜と霧」作戦)に翻弄される精神病院とそこの医師を題材にしている。『どくとるマンボウ』シリーズなどの軽妙洒脱が持ち味の作者の筆の運びがここではさすがに重い。(34)
/////////////////////

 北杜夫の『夜と霧の隅で』が俄然氣になつてくる。

(つづく)
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR