FC2ブログ
   
12
   

プラド美術館展

 三菱一号館美術館で「プラド美術館展—スペイン宮廷美への情熱」と銘打つて15〜19世紀までのスペイン、フランドル、イタリア、オランダ、フランスの公開が厳しく制限されてゐる名畫が並べられた見応へのある展覧会だつた。

th_DSC_0851.jpg

 スペイン3大画家のエル・グレコ、ベラスケス、ゴヤを始め、フランドルのボスやルーベンスの作品も出展されてゐる。

th_DSC_0849.jpg

 美術館に行くといつも思ふことなのだが、絵の説明文の稚拙な日本語はどうにかならないのだらうか。いかにもといふ翻訳調は、絵の魅力まで奪つてしまふ。

 意味がよくわからないことも珍しくない。「帰属する」といふのはどうやら、「〜の作とされる」ぐらゐの意味のやうだが、ふつう「帰属」はそんな意味では使はない。

 一般の客にはきちんと意味が伝はつてゐるのだらうか。

 「専門用語」などと居直られさうな氣もするが、そんな専門用語は認められない。きちんとした原語感覚を持たない者が繪畫を商売にするなど迷惑だ。
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR