FC2ブログ
   
12
   

久しぶりの緊急事態の対応

 朝、後任者から電話がかかつてきた。
 「事件」が起こつたので対応についての相談だつた。

 似たやうな前例があるので、その線に沿つて処理するしかない旨、応へてから、「また、あとで課長にも確認してみる」ことにした。

 しかし、その後の課長の説明を聞いてゐると、話がまつたく違ふといふことがわかつてきた。

 これまた詳細をここに記(しる)すわけにはゆかないのだが、先方は「こんなことがあつたといふことは報告しておかないと、後で問題が発覚した時に大変なことになる」と判断して社長自らが報告してきたようだ。

 一通り課長の説明を聞いてから、「わかつた。それぢや、その話は聞かなかつたことにして、そのまま通常通りに処理だ」と指示をした。(もう私には指示する権限はないのだが)

 「わかりました。さうします!」と課長。

 これまであらゆるタイプの事例を経験したきたつもりだが、未だに「新種」に遭遇することがある。さういふ場合でも、判断のもとになるのは結局、「経験」しかない。

 今回も一歩間違へれば大事件になりかねなかつたことは確かだ。判断ミスは恐ろしい。
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR