FC2ブログ
   
12
   

服部龍二『外交ドキュメント 歴史認識』(岩波新書)(1)

 政治に関心がない私でも、日本の近現代史にかかはる問題についての記述があり、それが「今」の認識と懸隔があれば、さすがに興味を惹かれる。

 本書は様々な文書と自らの取材・インタビューの成果を積み上げて、問題の背景や流れを明らかにしてくれる。

 余計な私情を交えず、自分の見解を主張することもなく、事実がきちんと併記されてゐるので、公平な立場で提示された史料を読んだ時の爽快感すら味はへる。

 まづ「韓国政府による個人補償」の問題について。

 これは私自身も不愉快に思つた案件で、韓国に対する不信感を強めることになる契機にもなつた。

//////////////////////
韓国最高裁は二〇一二年五月、元徴用工について「個人請求権は消滅していない」と審理を差し戻した。日本の裁判では日韓請求権協定によって「完全かつ最終的に解決」したことが認められ、原告の敗訴が確定しており、韓国最高裁はこれを植民地支配の合法化と批判した。
 ソウル高裁と釜山高裁の差し戻し審は二〇一三年七月、戦時中の元徴用工や遺族に個人請求権を認め、動員した新日鉄住金と三菱重工業に損害賠償を命じた。徴用工らへの補償が請求権協定の無償三億ドルに含まれることは韓国政府も認めており、判決は日韓合意を覆すものだった(『朝日新聞』二〇一三年八月一〇日)。
//////////////////////

 政治的に決着した問題を、国民が蒸し返して訴へ、裁判所がそれを取り上げて国民に有利な判断を下すことになれば、外交や条約の意味がなくなつてしまふではないか。
 以下の通り、韓国側の知識人も危惧してゐた。

//////////////////////
 朴喆煕(パクチョルヒ)ソウル大学日本研究所長は、「強制徴用の問題は韓国政府が責任をもって補償を進めるのが基本だ。国交正常化時に韓国側が提出した八項目の対日請求要項に徴用工の問題は入っている。日韓では請求権協定で解決済みで(ひっくり返せば)国際的な信用の問題にもかかわる」との見解を示した(『日本経済新聞』二〇一三年一二月一六日)。(11)
//////////////////////

 しかも補償問題については韓国政府が支払ふと名言してゐたのである。

//////////////////////
 一九六一年四月二八日と五月一〇日の一般請求権小委員会では、「被徴用韓人の未収金」について(中略)日本が個人賠償を提起したのに対して、韓国は日本案を拒否し、補償金を含めて韓国政府がまとめて受け取り、被害者に支払うと主張したのである。(12)
//////////////////////

 日本はこの問題を決着させるために韓国に三億ドルの無償供与を行なつてゐるのだから、何のために巨額の金を支払つて、外交ルートで協議したのかわからない。

 政権が代はつたり、国民の反発が強くなつたりするたびに、協定違反を重ねるのなら、外交そのものが成り立たなくなる。

 こんなデタラメな国があるものか。

(つづく)
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR