FC2ブログ
   
12
   

服部龍二『外交ドキュメント 歴史認識』(岩波新書)(4)

 つぎに「河野談話」。

 ここでも補償問題は解決済みなのだから、当然、韓国の新大統領も条約を踏まえて発言してゐる。

//////////////////
一九九二年一二月一二日に宮澤内閣は改造し、河野洋平が官房長官となった。韓国では一九九三年二月二五日、金泳三(キムヨンサム)が大統領に就任している。

 金は三月一五日、慰安婦問題については日本に補償を要求しないと表明した。金は、日本による真相究明が重要としながらも、被害者の支援は韓国の予算で行うと述べた。この発言は、日韓基本条約により解決済みとする日本政府の立場とも合致していた。韓国国会では、元慰安婦に対する支援法が成立した。

金は慰安婦問題について、「韓日国交正常化でこの問題の区切りはついたと思う。だから私は韓国政府が責任をもつということで補償制度を作りました」とインタビューで述べている(『朝日新聞』二〇一〇年一月二七日)。(108)
//////////////////

金泳三大統領の方針については、本書の終盤でも再度取り上げられてゐる。

//////////////////
金泳三大統領は「物質的補償を要求しない方針であり、補償は来年から韓国政府の予算で行う。そのようにすることで道徳的優位性をもって新しい日韓関係にアプローチすることができるだろう」と述べていた。韓国大使館は発表前日、金が河野談話の最終案を「評価しており、韓国政府としては同案文で結構である」と日本外務省に連絡した。(221)
//////////////////

(つづく)
スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR