FC2ブログ
   
12
   

服部龍二『外交ドキュメント 歴史認識』(岩波新書)(8)

 本書を読んで一番の収穫は「村山談話」をめぐる事情が明らかになつたことだ。

 村山談話を積極的に評価できるところまではいかないが、これまで「百害あつて一利なし」と思つてゐたのは一方的な偏見だつた氣がしてきた。

///////////////////
以上を要するなら、村山談話は官邸主導によるものと一般に解されてきたが、外務省も少なからず役割を果たしていた。その背景には総合外交政策局の創設があり、これによって戦後処理を包括的に扱えるようになっていた。同局はアジア局の各課などから協力を得ていた。
 村山談話は対外政策の一環であり、いわば終戦五〇周年の外交ともいえよう。内容、長期的な見通し、首相官邸と官僚機構の連携、各国の反応などを勘案するなら、和解政策として完成度の高い談話だった。村山談話は一時しのぎではなく、踏襲されることを見据えることで、長期的な視野に立っていた。そこでは特に、中国と韓国が念頭に置かれており、金泳三が好意的な返簡を寄せた。(168-69)
///////////////////

 村山自身も「近年の対談で、内閣外政審議室の役割が大きかったと認めている(145)」といふ。

 話は変はるが、金大中大統領も「歴史問題は今後提起しない」と名言してゐたやうなので、韓国は政権が変はると過去の条約や発言も反故にするのは常道になつてゐる国らしい。これでは信用できないし、恐ろしい。

///////////////////
金[大中]が歴史問題を今後提起しないと述べたことは、和解の可能性を示すものだった。韓国では日本文化が開放され、日韓新漁業協定も締結された。だが、次の盧武鉉(ノムヒョン)大統領は、靖国参拝、歴史教科書、従軍慰安婦問題について抗議し、李明博(イミョンバク)政権も慰安婦問題で賠償を求めるなどした。歴史問題を提起しないとの表明は、引き継がれなかったことになる。(176-77)
///////////////////

 韓国関係では最後に「野田佳彦首相と李明博(イミョンバク)」に触れておきたい。

///////////////////
 官房長官だった藤村修によれば、日韓外交当局の事前打ち合わせでは、ほとんど慰安婦問題を扱わないことにしていた。李は政権の終わりに近づき、何かパフォーマンスをしないといけないと思ったためか、この問題を大きく取り上げたという。(202)
///////////////////

(つづく)

スポンサーサイト



プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR