FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

漢字の筆順

 「常用漢字」の筆順については、「筆順指導のてびき」などに「筆順は正確で整った字を書くためのものである。楷書の場合、上から下へ、左から右へ、外から内へというのが大体の原則である。しかし、必ずしも一つの漢字に一つの筆順しかないというわけではない」ことが明記されてゐても、それをきちんと認識してゐる人は少ない。なかには「自分が先生から教へられた筆順だけが正しい」と頑迷に信じてゐる者や、一種類しか筆順が示されてゐない本を鵜呑みにして、従来からの正しい筆順を「誤り」だと誤解してゐる者さへゐる。

 私は以前から「筆順ハンドブック」の類をパラパラと眺めるのが好きで、最近も『新しい国語表記ハンドブック 第六版』(三省堂)をめくつてゐたら、こんな表記に出くはした。

th_DSC_0429.jpg

th_DSC_0428.jpg

 「瓶」の「瓦」の一番下の部分の書き方が理解できない。誤植かと思つたくらゐだ。

  そこで長年愛用してゐる『漢字筆順ハンドブック』(三省堂)を繙(ひもと)いてみると。

th_DSC_0430.jpg

th_DSC_0431.jpg

 二種類の筆順が併記されてゐた。

 この本は二種類以上の筆順がある場合には、すべて掲載してゐる。

th_DSC_0432.jpg

th_DSC_0496.jpg

 さらに「手書き」の場合の一般的な形についても明記されてゐて分かり易い。

th_DSC_0433.jpg

スポンサーサイト



No title

この記事を見て、小学校の担任に
「比」を5画で教えられたことを
思い出しました。
無知は時に害悪ですね。

明朝体活字のデザインはめちゃくちゃ

 要するに漢字の正確な性質を教へてくれる教育機関がほぼゼロで、国語の先生も教はつてゐないから「活字」が正しいと誤解してゐる人も多いといふことですね。明朝体で書いたら「令」や糸偏なんてめちゃくちゃです。ただ、そのことは「常用漢字表」の「(付)字体のについての解説」に明記されてゐて、しかも「明朝体活字」と「筆写」(つまり手書き)の場合はぜんぜん違ふこともきちんと記されてゐます。国語の先生方はこの大事な部分を読んでゐないから、間違つた漢字教育をするのです。
Secret

プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR