FC2ブログ
   
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

辻原 登『熊野でプルーストを読む』(4)

 前回に続いて「『おんなを描く』ということ」から。

 ........................
 思うのだが、一九六〇〜七〇年代にかけて、明治維新や昭和二十年の敗戦でも変わらなかった何かが大きく変わったらしい。「おんな」はもはや存在しない。「へんな」ばかりになった。昨今、小説の新人賞の選考会でも、この小説はおんなが描けている、いや描けていない、なんて論議は絶対におきない。
 たしかに何かが大きく変わった。
 もはや小説に描かれた女性を通して、男が世界を夢想しなくなったのだ。現代青年にとって、「おんな」は絶滅した恐竜である。(88)
.........................

もう二、三、氣になる部分があるので、引き続きこの本を取り上げたい。
(つづく)
スポンサーサイト



Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【辻原 登『熊野でプルーストを読む』(4)】

 前回に続いて「『おんなを描く』ということ」から。 ........................ 思うのだが、一九六〇〜七〇年代にかけて、明治維新や昭和二十年の敗戦でも変わらなかった何かが大きく変...

プロフィール

Holmesian2011

Author:Holmesian2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事

MMOタロット占い

淡々と百人一首

    摂氏/華氏 温度変換器

    カテゴリ

    最新コメント

    月別アーカイブ

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR